BTSストーリーの考察!PERSONA、SHADOW、EGOの成り立ち①

BTS

BTSのデビュー日6月13日まで連載企画としてご紹介する考察。

 

今回は『MAP OF THE SOUL』シリーズの中でメンバー・RM、SUGA、J-HOPEのラップラインが展開しているPERSONA、Shadow、Egoの3曲について考察をしていきます。

 

皆さんの考察の参考の1つになれば幸いです。

PERSONA・SHADOW・EGOは心理学用語?

 

まず、今回ご紹介する以下の3つの曲の題名をご紹介します。

  • 『Intro:Persona』/ RM
  • 『Interlude:Shadow』/ SUGA
  • 『Outro:Ego』/ J-HOPE

 

この3曲は『MAP OF THE SOUL』シリーズの重要なトピックであり、BTSの集大成を飾るにふさわしい主軸となります。

 

では、このPersona、Shadow、Egoは今までの物語とどのような関連があるのか心理学の面からご紹介していきます。

『ユング 心の地図』を読み解く

 

まず度々出てくる「PERSONA」「SHADOW」「EGO」の3つの言葉。

 

この3つの言葉は心理学に基づく重要な言葉に相違ありません。
BTSのストーリーにはまず「ユングの心理学」そして「デミアン」という小説の内容が深くかかわってくるからです。

 

そこで1つ重要なヒントとなりえる発見がありましたのでご紹介します。

 『ユング 心の地図』の主人公はジョングク?

 

多くの考察の中で口をそろえて言われている「主人公がジョングク」説。

おそらくこれは間違いないかと考えられます。

 

これは『LOVE YOURSELF』シリーズ等の考察を行う際に詳しくご説明しますが、この『MAP OF THE SOUL』シリーズでも重要なヒントがありました。

『LOVE YOURSELF』/JINのソロ曲「Epiphany」の最後

 

まず、前作『LOVE YOURSELF』からJINのソロ曲「Epiphany」のミュージックビデオの最後にこのような文が現れます。

 

나 자신을 찾는 여정의 끝에 다다른건 다시 제자리
僕自身を探す旅の最後にたどり着いたのは、もとの場所

결국 찾아야 하는 것은 모든것의 시작이자 이정표인 영혼의 지도
結局見つけるべきなのは、すべての始まりであり、道しるべである魂の地図

누구에게나 있지만 아무나 찾을 수 없는 그것을,
誰にでもあるけど、誰にも見つけられないそれを、

나는 지금부터 찾아보려한다
僕はこれから探そうとする。

『Epiphany』より

 

この「魂の地図」とは「ユング 心の地図」のことを現しています。

「ユング 心の地図」は英語に直すと「Jung’s map of the soul」。

韓国語に直すと、「정’s 영혼의 지도」 。偶然でしょうか。

 

多くのヒントを散りばめているBTSのストーリーの中で一番わかりやすいヒントではないかと考えています。

小説『デミアン』との関連性は?

続いて、考えていきたいのはヘルマンヘッセ著の「デミアン」との関連性です。

 

そもそも、ヘルマンヘッセとユングに何の関係が有るのか?

 

それはヘルマンヘッセが過去に家族関係等で精神病を患った際、ユングに精神分析を依頼していたため、ユングの精神分析論や、彼の心理学がヘルマンヘッセの「デミアン」の背景として大きく関わっているからです。

 

先程もご紹介していますが、「PERSONA」「SHADOW」「EGO」の3つの言葉。

この3つの言葉は「ユングの心理学」に基づく重要な言葉です。

 

そして「デミアン」を書いた背景については「Black Swan」の考察に載せていますので是非ご覧下さい。

 

【ここまでのまとめ】

・「PERSONA」「SHADOW」「EGO」はすべてユング心理学の言葉
・「ユング 心の地図」→「Jung’s map of the soul」 →「정’s 영혼의 지도
→ジョングクが主人公?
・「デミアン」はユング心理学を背景に持つ小説。
→「完全な自分」を示す重要な物語

 

BTSストーリーの考察!光と影を映す『Black Swan』の謎
BTSのミュージックビデオには様々な仕掛けがあることで有名です。諸説は様々ありますが、今回は『MAP OF THE SOUL'7』から収録曲「Black Swan」のミュージックビデオの考察をご紹介していきます。この考察の目的は、

 

『Intro:persona』の考察

まずはBTS・RMのソロ曲「Intro:Persona」ですが、この曲は冒頭から最後まで一貫した「自分と一体誰なのか」という正解のない疑問についてを歌っている曲です。

 

”ペルソナ”とは元々ギリシャ劇で使用されていた仮面のことを「ペルソナ」と言ったのが始まりで、外の世界に見せるそのひとの「外面」と指す言葉として使用されています。

 

RMが歌うその背景に映る黒板に書かれたいくつもの「PERSONA」「SHADOW」「EGO」の文字からもこの3曲が一貫性を持っていることが分かります。

考察①2019年4月24日 RMのアルバムビハインド

RMは2019年4月24日にこの『MAP OF THE SOUL』シリーズのリリースと共にアルバム制作のビハインドを共有しています。

 

【RM Vlive ビハインド まとめ】
・”RM””BTS”は社会的仮面であり、自我
・ARMYもまた自分のペルソナであり、切っても切り離せない存在。
・「LOVE YOURSELF」よりもっと大きな話を作るのであれば頑張って歌って、歌詞を書いて、結局のところ自分の中に戻ってきた
・結局は自分自身を探して自分自身を知ることが重要。
・大きい話をするよりむしろ小さい話をすることに結論づいた。
BTS・RMソロ曲『Intro:Persona』の歌詞和訳かなルビ
BTSのアルバム『MAP OF THE SOUL’7’』および『MAP OF THE SOUL:PERSONA』に収録されているRMのソロ曲「Intro:Persona」の歌詞が親近感のわく内容であることをご存じですか?”PERSONA(ペ

考察②「Epiphany」の最後と「PERSONA」は続いている

RMのビハインドを通して分かることはBTSとしての自分たちを考えた時に、普段生活を送るそれぞれの1人の人間としてではなく社会的に表に出るための外面的な意味が強いということ。

 

そして、その外面もまた、彼ら7人の少年の1面であり、そこにつづく私たちARMYも時にはカメラを向けたり視線を集中させる彼らにとって影になる存在であり、切っても離せない存在であるということ。

 

そして本来の目的は”歌を歌いたい””詩を書きたい”そんなところから始まったここまでの音楽的活動は結局のところ、この活動の始まりが自分たちの始まりであり、これがBTSにとっての理想像つまり「BTS’s MAP OF THE SOUL」ではないでしょうか。

BTSストーリーの考察!PERSONA、SHADOW、EGOの成り立ち ①まとめ

 

今回は『MAP OF THE SOUL』シリーズの中でメンバー・RM、SUGA、J-HOPEのラップラインが展開しているPERSONA、Shadow、Egoの3曲についてのうち「PERSONA」について考察をしていきましたがいかがだったでしょうか?

 

誰にでも「みんなが知っている自分」と「自分しか知らない自分」というのはありますよね。

 

今回は「完全な自分とは何か」というBTSの問いが「結局のところこの活動を始めた最初の自分」にあり、「自分たちの目標や夢が大きくなるにつれてそれを追うすべての存在が切り離せない影となり、段々大きくなってきた」というところではないかと推測されます。

 

では、次回は「Interlude:Shadow」から見た考察をご紹介していきます。

BTS NEWアルバム『MAP OF THE SOUL”7″』収録曲『時差』の歌詞・和訳・かなルビ!
ついに待望のBTSのアルバム『MAP OF THE SOUL"7"』が発売になりました!NEWアルバムの収録曲は皆さん、聴かれましたか?今回は、NEWアルバム『MAP OF THE SOUL"7"』の
BTS NEWアルバム『MAP OF THE SOUL”7″』収録曲『Inner Child』の歌詞・和訳・かなルビ!
ついに待望のBTSのアルバム『MAP OF THE SOUL"7"』が発売になりました!NEWアルバムの収録曲は皆さん、聴かれましたか?今回は、NEWアルバム『MAP OF THE SOUL"7"』の

 

タイトルとURLをコピーしました