BTSの宿舎契約は満了?メンバーのお住まい徹底解説!【3/11更新】

BTS

世界的アイドル・BTSが2019年11月末を持って共同生活を終了して、新生活を送っています。

 

現在はソウル市内にそれぞれの住まいを所有しているBTS。

 

今回はそんなBTSの過去の共同生活で住んでいた宿舎についてや現在現金購入したとされるメンバー個人個人のマンション事情について徹底解説していきます!

 

※RMのお住まいが判明しましたので3/11に更新済み 

BTSの宿舎契約は満了?今までの宿舎をご紹介!

 

BTSは冒頭でもご紹介している通り2019年の11月末に共同生活を終了し、別々の住まいを所有しています。

では、共同生活は一体どのような場所で行っていたのでしょうか?

まずは、4つの時期に分けてご紹介していきます!

練習生時代~2015年

 

練習生時代のBTSは2015年のアルバムヒットまでの長い間所属事務所BigHitエンターテインメントが用意した宿舎で共同生活を送っています。

 

 

おそらく、江南区の旧事務所の近くに借りていたのではないでしょうか?

 

ちなみに旧事務所は地下鉄3号線の新沙(シンサ)駅もしくは地下鉄7号線鶴洞(ハクドン)駅から歩いて10分程度の雑居ビルです。

2015年~2017年12月末

音楽番組で初めて1位を取り、その後数々の賞を取るようになったBTSですが、ここで事務所の用意した宿舎からお引越しをすることになります。

 

そこで引っ越した新しい宿舎が『メセナポリス』という商業施設を併設した高層マンションになります。

 

地下鉄2号線の合井(ハプチョン)駅から地下直結しているこの建物は、若者の聖地・弘大(ホンデ)も近く、以前メンバーのJUNGKOOKが活動にいきずまった際に弘大に行き、ファンとも交流していたことで話題になりました。

 

 

現在このメセナポリスの価額は約34億ウォン(日本円で約3億円)になります。

このマンションは西橋(ソキョ)洞で人気第1位のマンションになっていて利便性も高いことから価額上昇しています。

2018年1月~2019年11月末

 

2017年に始まった『LOVE YOURSELF』シリーズにて世界進出し、韓国や日本のみならずヨーロッパや北米にも実力を見せつけるようになってきたBTSは、韓国で最も高いマンションとして有名な『漢南ザヒル』にお引越しをします。

 

この時のお引越しはニュースにもなりました。

 

『漢南ザヒル』はソウル市龍山区に位置する目の前に漢江(ハンガン)、後ろに南山タワーを見ることのできる高台に建てられている低層マンション。

 

現在のマンション価額は約77億ウォン(日本円で約7億7千万円)する高級マンションです!

 

多くの財閥関係者や経営者を含む富裕層が済むマンションとして有名でBTSの長男JINもこちらのマンションの1室を約2億円で購入したことが話題になりました。

 

 

編集のCHIAKIもここの近くの焼肉屋さんに行ったことがあるのですが、さすがは高級住宅街。

東京で言うと「広尾」に似たような場所で、周りもお店が結構あります。

 

2019年12月以降

龍山区漢南洞にある『漢南ザヒル』の契約が2019年11月末で契約満了となった今、メンバーたちは共同生活を送っていません。

 

今までの練習生期間からこれまでのグループ活動中ずっと一緒に過ごしてきたBTSメンバー。

 

現在はそれぞれマンションを購入し、各自住まいを所有しています!

メンバーの現在のお住まいはどこ?

 

現在、BTSは2019年11月末の宿舎『漢南ザヒル』での契約が満了となり、それまでにメンバー個人個人のマンション購入のニュースは国内外問わず流れていました。

 

現在は、メンバーでの共同生活は行っておらず、それぞれが独立した住まいを所有。

 

更にすごいのは、現金一括購入をメンバー全員が行っているということです。

では、メンバー一人ひとりのお住まいについてご紹介していきます。

JINのお住まい:『漢南ザヒル』

まずは、BTSの長男・JINのお住まいについて。

 

BTSのマンション購入のニュースで話題になったJINは契約満了した『漢南ザヒル』の約2億円の部屋を購入しています。

ファミリータイプの部屋が約7億7千万円という価額の為、JINはおそらくファミリータイプではない部屋を購入しているのではないでしょうか?

※漢南ザヒルの地図は上記に掲載済み

SUGAのお住まい:『UNビレッジ』

 

続いてSUGAのお住まいは同じくソウル市龍山区漢南洞に位置する『UN Village』を約3億円で一括購入しています。

 

UN Villageは、元Wanna oneのカンダニエルもここの部屋を所有していることで有名です。

 

 

JINのお住まいとも近いので2人の趣味となった釣りも一緒に行きやすのではないでしょうか?
また、JINとSUGAがよく釣りに出かけているのはソウルのお隣・仁川(インチョン)。

 

仁川には大きな港があり、釣り堀も多いことに加え仁川への高速道路は2人のお住まいのすぐ前を通る漢南大路を通るので利便性はばっちりですね♪

J-HOPEのお住まい:『ツリーマゼ』

 

そしてJ-HOPEのお住まいはソウルのおしゃれタウン聖水(ソンス)洞にあり漢江も近い『ツリーマゼ』です。

J-HOPEがお住まいとして選んだこの『ツリーマゼ』は複合型の施設になっており、彼が購入したのは2016年。

つまり、合井にあるメセナポリスに共同生活を送っていた時から現金購入していたとされています。

 

元少女時代のサニやSuperjuniorのシウォン、ジェジュンなどが入居しており、同グループのJUNGKOOKもこちらに住居を所有しています。

1部屋は生活用もう1部屋は投資用?

また、驚きなのはそのツリーマゼで2部屋所有している事!

 

おそらくではありますが、2016年にこのマンションの1室を購入し投資用に所有していて、のちに自宅を購入している可能性が高いです。

 

ソウルは年々土地価額が高騰し、今や不動産バブルになっていますので、2~3年程度の投資で売却すれば資産が増えてくるのもうなずけます。

しかも、J-HOPEはBTSの中でも1番資産が多いとされており、その額は約1,200万米ドル(日本円で約12億6千万円)

BTSの活動で手に入れた資産と個人資産形成による努力が実を結んだ形です。

RMのお住まい:不明

続いてはBTSのリーダー・RMのお住まいについて。

RMは現在どこに居住しているのかが不明な唯一のメンバーです。

おそらく、現金購入したマンションを所有し、ソウル市内での生活を送っていることは100%といえますが、はっきりとわかっていません。

予想:『ツリーマゼ』

しかし、予想として挙がってきているのはJ-HOPE、JUNGKOOKと同じソウル聖水洞に位置する高級複合型マンションツリーマゼ

 

その理由としてはRMの出没地を見ていくと大体「ソウルの森」と「漢江」が入ってくる点です。ツリーマゼは「ソウルの森」が目と鼻の先なのです。

 

またCONNECT,BTSの展示会が東大門にあるDDP(東大門デザインプラザ)に行った時もですが。最寄りは地下鉄2号線沿いということが大きなポイント。

 

明かされていないだけで実は…なんてこともありえるかもしれません。

RMのお住まいは『漢南ザヒル』!(3/11更新)

 

2020年3月11日、RMのお住まいがJINと同じであることが判明しました!

韓国のメディア「Skye Daily」のよると、RMは龍山区漢南洞にある『漢南ザヒル』の1室を49億ウォン(日本円で約4億9千万円)で購入したとのことです。

 

さすがは世界のBTS。

これで7人ともお住まいが明らかになりました♡

 JIMINのお住まい:『盤浦住公1団地アパート』

 

そして、編集者のCHIAKIもびっくりしたのがJIMINのお住まい。

驚く理由としてはJIMINのお住まいは約3億8千万円で購入された中古マンションで廃墟のような外観で1973年に建築されたソウル瑞草(ソチョ)区の『盤浦住公1団地アパート』ということです。

 

 古いアパート購入の理由は?

何故今最前線の波に乗っている人気者BTSの顔であるJIMINが廃墟のような古いアパートを!?

と思うのはあって然る意見だと思います。

 

しかし、JIMINのこの物件購入は投資を行う上でかなり重要なポイントを押さえた購入であることが分かりました。

つまり、JIMINはチョンセと言われる韓国独特の住宅賃貸制度でこのマンションを運用している可能性が高いのです。

 

伝貰(チョンセ)とは?】
韓国独特の住宅賃貸制度である。 借り手は、家賃を払う代わりに、契約時に住宅価格の5~8割程度の伝貰金を貸し手に払う。 伝貰金は、契約終了時に借り手に全額返還される。 貸し手は、受け取った伝貰金を資金運用して、利子等の収入を得る仕組みになっている。引用:Wikipedia

 JIMINの財テクがすごい!?

この古いマンションをチョンセで運用して儲かるの!?と感じる方も多いかと思いますが、ポイントはこのマンションの立地とこれからの建築計画。

まずこの『盤浦住公1団地アパート』の立地については、以下のポイントがあげられます。

  • 瑞草区の周辺区域(江南区、ソンパ区) は会社が多く職を求めやすい
  • マンション周辺が学校区域になっており名門校を含み学校数が豊富 
  • 地下鉄9号線が通っており、金浦空港までの乗り換えがなく江南駅まで約10分、高速ターミナル駅まで約5分
  • 漢江が近く、ドラマ撮影でも有名な『盤浦大橋』や漢江公園がある
  • 高速道路および主要道路が目の前にあり車でのアクセス条件が良い

そしてこのマンションですが、『盤浦 H Claest』という高級マンションに生まれ変わります!

디에이치 클래스트 100年 혜안의 명작, 그 약속을 반드시 지키겠습니다

このマンションは”生涯100年住宅”というコンセプトを掲げた複合型マンションであり、約5400世帯が暮らすことのできるテーマパークのような構造になっているのが特徴です。

 

その為、アクセス条件・立地条件も良くなおかつこの1団地アパートが高級マンションに変わるというのであれば土地価額は上昇必須ですし、JIMINの財テク技術が若いのに評判が高いというのは確かですよね♪

Vのお住まい:『アペルバウム』

 

続いてVのお住まいはソウルの高級エリア・江南区三成(サムソン)洞の『アペルバウム』の1室を約4億7千万円で購入しています。

 

アペルバウム(ApelBaum)

SK建設が高級ビラ事業のために導入したブランド名のことで、「最高の理想郷」を意味する「Apex Elysium」と「木、自然」を意味するドイツ語の「Baum」を合成した、高級マンションブランドの名称。

 

今回Vが購入した『アペルバウム』は1つの棟に17世帯しか入ることのできない高級マンションで2008年に出来上がった比較的年数の経っている建物になります。

 

イビョンホンやチャンドンゴンもこのマンションの住人として有名で、約73坪のかなり広めの部屋を購入したことが分かります。

JUNGKOOKのお住まい:『ツリーマゼ』

最後に末っ子・JUNGKOOKのお住まいについてです。JUNGKOOKはメンバー・J-HOPEと同じソウル聖水(ソンス)洞にある『ツリーマゼ』の1室を約1億9千万円で現金購入しています。

 

22歳にして高級マンションの1室を現金一括購入とは、かなり夢のある買い方!

聖水洞はおしゃれなカフェやレストランが多く、日本人よりも現地の韓国人が足を運ぶホットプレイスになってきているので、注目度も高いですし、なおかつ漢江も近いので都市と自然の融合が楽しめる快適な街になっています♪

※地図はJ-HOPEのトピックにて掲載済み

BTSの宿舎契約は満了?メンバーのお住まい徹底解説!

 

今回はBTSのこれまでの宿舎と現在のお住まいについて解説していきましたがいかがだったでしょうか?

 

人気者のBTSなので、お住まいもすぐ話題になる状態ですが、さすがはBTS。
現在紹介しているすべてのマンションはセキュリティーが固く、住人以外の侵入が不可能に近いとの情報も多数ありました。

 

活動の規模が広がった分、個人資産もかなり増えてきた彼らですが、自分たちの住みやすいリラックスできる空間を7人それぞれが所有していることが、成功してきた証の1つなのではないでしょうか?

 

これからの活動でお引越しなども度々ニュースになりそうな予感。

 

動向が気になるところです。

BTSのミニアルバム・アルバムをリリース順にご紹介!
世界的アイドルグループ・BTS(防弾少年団)の今までリリースしたアルバムを皆さんはご存じですか?これまで作品として出したBTSのミニアルバム・アルバムは17作品!今回はそんなBTSのミニアルバムとアルバムをリリース順に並べてみましたのでご紹
BTSストーリーの考察!物語の成り立ちと仮説を紹介!
BTSのアルバムが遂にデビュー7年目を目前に”集大成”という形で『MAP OF THE SOUL'7』という名前で発売されました。今回はデビュー記念日である6月13日に向けてこれまで歩んできたBTSの7人の軌跡とこれまでに発売され

 

タイトルとURLをコピーしました