BTSのお兄さん2人組「94’z(クサズ)」J-HOPEとRMはお互いを尊重する距離感が素敵!

BTS

 

BTSのもう一つの同級生コンビといえば「94’z(クサズ)」♡

 

クサズはクオズ(ジミン、V)とは違った大人な雰囲気、落ち着いた雰囲気が魅力的なリーダー・RMとダンス長・J-HOPEの2人組。

 

クサズが好きというARMYもかなり多いですよね!

今回はそんな94’zの2人の魅力やこれまでのBTSとしての活動を振り返っていきます♪

BTS・RMとJ-HOPEは「94’z(クサズ)」でお兄さん的存在!

 

BTSのメンバー・RMとJ-HOPE、2人合わせて「94’z(クサズ)」と言われています!

 

これは、2人が同じ94年生まれで94は韓国語で구사(読み方:クサ)。
その為、2人で「94’z(クサズ)」となるのです。

 

※ちなみにジミンとVは「95’z(クオズ)」、ジョングクの交友関係は「97’z(クチルズ)」と言われています!

 

クオズの友情ストーリーとユニット曲「Friends」記事♡

BTSジミンとVのユニット曲「친구 – Friends」の歌詞和訳かなルビ
BTSのNEWアルバム「MAP OF THE SOUL'7'」の収録曲「친구-Friends」がジミンとVのユニット曲として話題沸騰しています!2人は「95’z(クオズ)」の相性で親しまれていて、仲がいい友達としても有名
BTSジミンとVは「95’z(クオズ)」として有名!クオズのキラキラ友情ストーリーを語る!
BTSの仲良しコンビといえば「95’z(クオズ)」♡Vとジミンは同じ95年生まれの同級生でARMYの中でも人気のカップリングですよね! そんな2人がユニット曲「Friends」を発表し話題になっています。今回はVとジミンのキラキラ友情ストーリーを紹介していきます!

RMのプロフィール

名前 キム・ナムジュン(英語表記:Kim Namjoon/ハングル表記:김 남준)
生年月日 1994年9月12日(25歳)
身長 181㎝ 体重64㎏ 血液型 A型
兄弟 妹1人
出身 ソウル特別市生まれ 京義道・高陽市育ち

 

2010年8月14日に練習生としてBigHitに入所し約3年の練習生期間を経てBTSとしてデビューしたRM。

 

IQ148で学生時代は頭の良さで有名だった彼の夢は「詩人」。
HIPHOPアーティストであるエピック・ハイの「Fly」を聴いて音楽の道に進み、アンダーグラウンドで曲を作っていました。

 

そして当時、韓国出身HipHopデュオのアンタッチャブルのメンバー・スリーピーが彼を見つけて、その紹介でBigHig所属のプロデューサーの目に止まり、BigHitに入る事になったのがきっかけ。

 

ラップモンスター」の芸名で活動していましたが、2017年世界進出とともに「RM(アール・エム)」に改名しました。

BTS・RMによる「MAP OF THE SOUL’7’」のビハインドが配信されました!
BTS・RMが3月9日で終了した「ON」の活動から今回のアルバム『MAP OF THE SOUL'7’』のビハインドをVliveにて配信してくれました!今回のアルバムの1曲1曲の背景や練習の際のエピソードなどを細かく配信されている

J-HOPEのプロフィール

名前 チョン・ホソク(英語表記:Jeong Hoseok/ハングル表記:정 호석)
生年月日 1994年2月18日(26歳)
身長 177㎝ 体重 59㎏ 血液型 A型
兄弟 姉1人
出身 光州広域市 北区 日谷洞

 

光州で生まれ育ったJ-HOPEは、ストリートダンサーとして有名で、「スマイルホヤ」という芸名はBTSになる前からソウルでも有名だったほど。

 

そんな彼が通っていた光州のダンススクールPLUG IN MUSIC ACADEMYにBigHitの関係者が出向き、キャスティング。

 

練習生時代はボーカルレッスンを受けていたJ-HOPE。

 

しかし、当初の防弾少年団はヒップホップグループとしてのデビューの為、グループにラッパーの不足を理由に、ラッパーに未経験でポジションチェンジ

リードラッパーとしてデビューを果たしました。

 

2010年12月24日のクリスマスイブにソウルへ上京し、約2年半の練習生期間を経てBTSのメンバー入りしています。

 

2018年3月2日に無料音源公開されたミックステープ『Hope World』は、アメリカのTIME誌が選ぶ「今週聴くべき5曲」に選ばれ、63か国のitunesチャートで1位を記録しました。

 

またJ-HOPEはBTSの中で個人資産が一番多いメンバーでその額は1200万米ドル(日本円で約12億6千万円)!

未経験で始めたラップも、デビュー前から有名だったダンスも実力を上げてきた努力家です!

BTS NEWアルバム『MAP OF THE SOUL”7″』収録曲『Outro:Ego』の歌詞・和訳・かなルビ!
ついに待望のBTSのアルバム『MAP OF THE SOUL"7"』が発売になりました!NEWアルバムの収録曲は皆さん、聴かれましたか?今回は、NEWアルバム『MAP OF THE SOUL"7"』の

BTS・RMとJ-HOPEのデビューからこれまでの軌跡をたどる!

 

では、2人のプロフィールをご紹介したところで、デビュー”7年目”となった2人のエピソードをいくつかご紹介していきます♡

 デビュー”7年目”で苦しんだBTSのスピーチが話題に

長い間、1位が取れず苦しんだBTSがやっと2015年リリースの「I NEED U」で1位を獲得、瞬く間に人気アイドルの道を歩んでいたかのように思いますが、人気になるにつれて苦しい時期も増えてきていたのは確か。

 

2018年は特にBTSにとって苦難の年になったようで、「解散するかも考えた」とMAMAの授賞式でも語っていた程。

 

アイドルにとって契約更新時期に当たる”7年目”というのは予想以上にシビアなようで、7年目を境に解散する、契約更新しないグループがほとんどなんだとか。

 

その為、「FAKE LOVE」の活動時期はその更新時期が迫る彼らにとっても今一度今後のグループ活動を見直す、方向性を話し合うための大事な時間だったのかもしれません。

 

そんな2018年の年末、MAMAの香港公演での大賞受賞の際、J-HOPEは涙ぐみながらもこのようなコメントを残しています。

 

 

ー(和訳)
ARMYの皆さん、ここに来る前はとても不安でした。僕はいつもミスのない最高のものをみなさんに見せたいと思っています。なので僕たちはいつも心配しながらステージの準備をしています。この賞は、受賞しても、しなかったとしても泣いてしまったと思います。僕たちが懸命に努力した結果、みなさんから多くの愛を受け取ることができました。そのお礼をしたいと思います。ありがとうございます。そして、この瞬間も一緒にいてくれるメンバーたちに感謝します。ありがとう。愛しています。

 

お互いに対する信頼が絶大で、「もしリーダーを任せるとしたら?」という質問に常にJ-HOPEの名前をあげているRM。

 

MAMAの授賞式での涙ながらに苦難を乗り越えて語ったJ-HOPEのスピーチに耳を傾け同じく涙するRMにそのほかのメンバー。

 

急に増えた海外での活動やメディア露出、追いついていかない精神的肉体的な疲労、私生活までを妨害する過激ファンの存在など様々なことが原因で解散まで考えたBTSにとって、 2018年の大賞受賞は苦難を乗り越えた意味でもとても深いエピソードとなりました。

2020年、RMとJ-HOPEは韓国音楽著作権協会の正会員に昇格!

 

世界的な成功を収めたRMとJ-HOPEは同グループのSUGAに続き、韓国音楽著作権協会の正会員として昇格しました!

 

韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)のメンバー、RM(アールエム)とJ-HOPE(ジェイホープ)が韓国音楽著作権協会の正会員に昇格した。
RMとJ-HOPEは「Boy With Luv」「HOME」「血、汗、涙」などBTSの世界的なヒット曲の作詞作曲を手掛けた。BTSのメンバーのうち同協会の正会員は2018年に昇格したSUGA(シュガ)を含め3人となった。

引用:ソウル聯合ニュース

 

IUやG-dragonなど、作詞作曲に長けた、音楽業界に影響を与えた人しかなれない正会員にBTSから3人もなれているのは奇跡!

 

お互いが自分の音楽を貫きながら、BTSとして世界に影響を与える曲を作ってきたからこその名誉です♡

RMが語った韓国でのコンサート中止

 

2020年3月10日に「ON」の約3週間のプロモーション活動が終了し、ビハインドを配信したRM。

 

そんな彼が涙を浮かべてコメントしたのは「コンサート中止」に関する悔しさでした。

 

ー(和訳)
 実はとても辛いです。長い期間準備してきた、何度も練習しました。実はメンバーの中で何回もこの話をしたんです。悔しいですよ、本当に悔しいです。これを皆さんの目の前で見せなきゃいけないのに。撮影収録が済んで家にいたんですが、たまにおかしい人のように堪忍袋の尾が切れてしまって、怒りが激しく込み上げてきて大声で叫んだんです。いら立って。悔しくて。
実際にファンの方々の前に出てパフォーマンスしなければならないのに、目の前にはカメラしかないので。 

 

4月11日から開催される予定だった「MAP OF THE SOUL」ツアー。

早い段階で中止を決定した分、そして、約10か月長い間をかけて準備してきたアルバムのプロモーション活動も思うようにできなかった、やれることが少なかったと語るRMの素直なコメントにARMYたちも感銘を受けていました。

 

読まれない本にはなりたくない」という独特の表現をした彼ですが、これからも信じて頑張るという前向きなコメントで締めてくれました。

 

世界的なウイルス感染のニュースが回る中、しんどい時間が続くかもしれませんが、個々が踏ん張り時。世界的に早い収束を願ってやみません。

J-HOPEの”今年の目標”にARMYも感動。

 

2020年2月18日のJ-HOPEの誕生日、彼はVliveにて今年の目標について語りました。

 

ー(和訳)
僕は今年は、大きい目標というよりも、ただ、だれかにとって大切な人になることです。それって意味のあることじゃないですか? そういうことをすごく目標にしたいです。特別なことではないけど、すごいことなんです。僕を本当に大切に思って、愛してくれる人が集まったら、本当にすごいことでしょう。そして反対に僕も、みなさんのことを大切に思いたいです。

 

毎年誕生日になると生配信をしているJ-HOPE。
そんな彼が語った”今年の目標”は、大きいことではないと語っていますが、ARMYからしたらとても大きいこと。

 

簡単そうに見えて、実はとても難しいことです。

これは「MAP OF THE SOUL’7’」にて語った、大きいものよりも小さいことへ目を向けるというメッセージにも通じる、音楽を通じて彼自身が出した答えではないでしょうか?

 「94’z」に対するSNSの反応は?

 

落ち着いた雰囲気の2人の好きなものが「KAWS」など似ていたり、感性もどことなしににているのが魅力ですよね。

 

クオズは何でも素直に言い合っている感じがするのにクサズは「心の中でお互い分かっている」”言葉に出さなくてもお互いの信頼関係ができている”というのが見ていてわかるのが素敵ですよね♡

 

 

こちらの反応にはかなり共感されているARMYが多かったのですが、やはり「お互いの知らなくていいこともある」というのが前提で”ちょうどいい距離感”を保っているのがクサズ!という感じがします。

 

クオズのように向かい合って切磋琢磨している姿も素敵ですし、クサズのようにお互いを認め合いながら「僕はこうする」という個人個人の向かうベクトルはきちんと持っているのも素敵ですよね♡

9月4日は「94’zの日」!

 

そんなクサズを愛でる日が9月4日「クサズの日」です!

毎年9月4日になるとARMYは「クサズの日」としてお祝いのツイートをする方も多いのです♡

ここでいくつか「クサズの日」に投稿されたARMYの声をアップします♪

BTSのお兄さん2人組「94’z(クサズ)」J-HOPEとRMはお互いを尊重する距離感が素敵!まとめ

今回はBTSのお兄ちゃん2人組「94’z(クサズ)」についてご紹介していきました!

クオズとはまた違った魅力があるRMとJ-HOPEの組み合わせにARMYの人気も高いですよね♡

 

お互いがBTSとして同じ方向を向いて走りながらも、別々の方向で個人でスキルアップしていくその姿はお互いの距離感を大事にしながらも別の方向で、自分の音楽を魅せていきながら相手を気遣うというところがとても素敵です。

 

お互いのことを多くは語らないけれど、それでも相手を尊敬しているんだなということはARMYがみてもわかります。

 

そんな2人がこれからも大好きな音楽をしながら愛され、花道だけを歩いて行けますように♡

 

 

タイトルとURLをコピーしました