BTS・ジミンのタトゥーは何箇所ある?施術の時期やタトゥーの意味を解説!

BTS

 

度々物議をかもしているBTS・ジミンのタトゥー

結局本物なの?」という意見も多く聞かれますよね。

 

今回はそんなBTS・ジミンのタトゥーが一体何箇所あるのか、そしてジミンがタトゥーを入れた施術の時期やそのタトゥーの表す意味について徹底解説していきます。

BTS・ジミンのタトゥーは何箇所ある?

 

では、まずBTS・ジミンのタトゥーが一体何箇所あるのかについてご紹介していきます!

 腕・手首に4か所あるってホント?

 

ジミンのタトゥーはヘナ・本物問わず確認できるだけで5か所確認できます。

まずは、腕の裏側に2か所、腕の表側に1か所、手首に1か所それぞれ確認できます。

 

以前普段は隠れているところであったり、アクセサリーなどで隠れてしまう場合が多いため確認できませんでしたが、 2020年のカムバックの際に確認が出来ました。

 お腹のタトゥーはヘナ?

 

そして、一番気になるのはお腹にあるタトゥー。

 

これは、結構前からパフォーマンスの際に確認できていたタトゥーになりますが、このタトゥーはヘナタトゥーである可能性が高いです。

 

 【ヘナタトゥーとは?】
植物の葉のペーストを使ったボディーアートの方法。
ヘナタトゥーは以下の特徴がある。
1.天然成分の染料で安全性が高い
2.時間が経つと消える
染料のヘナは自然植物由来で、肌の表面のみに施術を行うことから、

肌のターンオーバーによって約2週間~1か月持つ

 

ヘナタトゥーである理由①デザインが微妙に違う

 

忙しいツアー期間は大体1か所の公演地で約2週間程度の滞在と考えると、毎回デザインが微妙に違う(隙間の距離、字体の微妙なズレetc.)ことを考えるとヘナタトゥーをしている可能性が高いです。

ヘナタトゥーである理由②脇腹の施術と過密スケジュールが割に合わない

ジミンのしているこのタトゥーの場所は脇腹

 

脇腹はタトゥーの施術箇所でもかなりの激痛を伴う場所。血管や神経が集まっている場所であり、また、肋骨の真上を彫るわけですので、他の部位よりも敏感に痛みを感じる部分でもあります。

 

公演スケジュールの多さや、練習量(汗をかく機会の多さ)などを考慮するとどうしてもこのタトゥーを本物と考えるのは難しいです。

ヘナタトゥーである理由③パフォーマンス中に隠していない

 

また、ジミン自体、公演を行う際に意図的に隠しているということがないように感じられます。

 

元々「花様年華」の文字も一緒にデザインし、舞台上で上半身裸のパフォーマンスをしたことのあるジミン。

 

2018年の「LOVE YOURSELF」シリーズの公演や2019年の「SPEAK YOURSELF」の公演、その他年末の歌謡大賞などを確認しても、ミンのお腹から見えるタトゥーは画面上でも確認できます

 

韓国のタトゥー事情でいえば、日本よりも社会的にタトゥーがあることについては寛容ですが、目に見える部分はテープまたは服で隠して仕事をするのが基本

 

同じくBTSの末っ子・ジョングクもタトゥーを入れていますが、音楽番組での腕のタトゥーはテープで隠されているように、番組として放映される場合は消される場合がほとんどです。

 

しかし、ジミンの脇腹のタトゥーはそのまま放映されているので、本物ではない可能性が高いです。

 BTS・ジミンのタトゥーの施術時期はいつ?

引用:Dispach

では、BTS・ジミンの5か所のタトゥーが一体どれくらいの時期から入っているのか、その施術期間について言及していきます。

お腹のタトゥーは2014年~!

まず、脇腹に入っているタトゥーは2014年のMMA(Melon Music Award)のパフォーマンス時にはすでに施術をしています。

 

この時はもしかしたらヘナではなく単なるペイントであった可能性も否めませんが、ジミンのパフォーマンス中に確認されたのは2014年からが濃厚です。

腕のタトゥーは「ON」の活動前?

https://twitter.com/___4oclock__/status/1233009269483524096?s=20

 

腕のタトゥーは元々、昨年行われた「SPEAK YOURSELF」のコンサートでもありませんでしたし、年末に出演していた歌謡大賞等でも確認されませんでした。

 

2020年2月にリリースされた「MAP OF THE SOUL’7’」のプロモーション活動の際に確認されたものである可能性が高いです。

 

そのため、おそらく2020年1月に入ってからのアメリカ遠征中に彫られたものか、アメリカ遠征から帰国したのちの束の間のオフでタトゥースタジオに訪問している可能性が高いです。

 

また、アクセサリーで隠れていたり、テープを貼付している観点から本物であるとみていいかと考えられます。

BTS・ジミンのタトゥーの意味を解説!

 

タトゥーの有無が毎回問題になるBTS・ジミンですが、そのタトゥーが意味する事柄が一体どんなものなのかを解説していきます。

腕の「∞」は無限大!

 

腕の表側に確認できる「」のマーク。これは、始まりも終わりもない永遠に数字の8を横にして書いたような記号です。

 

無限大記号が象徴する意味は以下の5つです。

  • 「永遠」
  • 「再生」
  • 「継続」
  • 「不変」
  • 「忠誠」

このマークを彫る人は大部分が「このマークに”永遠”という意味を込めて彫る人が多い」とのこと。

 

 

一人ひとり様々な意味を込めるマークのようですが、「永遠の人生」という意味であれば、BTSとしての音楽人生を全うするという意味も込められていそうですよね。

手首の「13」はデビュー日?誕生日?

 

続いて手首に彫られている「13」の文字。

 

デビューした6月13日のことを表しているのか、ジミンの誕生日の10月13日を表しているのか、真相は定かではありません。

 

しかし、この「13」という文字はタトゥーを彫るにあたって”ラッキーナンバー”としての認識があるのだとか。

 

元々「13」という文字は「13日の金曜日」や「最後の晩餐」の出席者が13人だったなどの吉な数字の象徴ではありますが、「ラッキー13」というように、この数字をあえて身に付けることで、 転じて幸運をもたらすというスラングも存在します。

 

このように、あえてみんなが選ばない数字を選び、願をかけるということもタトゥー業界には存在するようなので、ジミンがなぜこの「13」という数字を入れているのかは様々な理由が考えられそうです!

 お腹の「NEVER MIND」は”気にするな”?

脇腹にある「NEVER MIND」の文字。

この文字の意味をいくつか調査しましたが、「気にするな」「心配するな」というニュアンスがメインでした。

 

大舞台に上がるうえで、自分を落ち着かせる意味でもこの「NEVER MIND」を選んだのかもしれません。ジミンにとって大切な一言であることは確かですよね。

BTS・ジミンのタトゥーは何箇所ある?施術の時期やタトゥーの意味を解説!まとめ

 

今回はBTS・ジミンのタトゥーの数や、施術時期、そのタトゥーの意味についてご紹介していきました。

 

タトゥーは日本では敬遠されがちなものですが、意外と海外ではオープンで自分の大切なものや掲げている信念をもとに彫る人も多いですよね。

 

また、K-POPアイドルでもタトゥーを彫っているアイドルは結構多いので、これはファンからしたら不安かもしれませんが、わりとスタンダードな模様。

 

ジミンの体に彫られているタトゥーがどんな意味を示しているのか、本人からの言及も楽しみに見守りたいですね!

タイトルとURLをコピーしました