BTS日本語バージョン【Mic Drop】歌詞

BTS

今回は2017年12月6日にリリースされた「DNA/Mic Drop」から『Mic Drop Japanese ver.』の歌詞をご紹介します♪

 

この曲の題名である『Mic Drop=マイクを落とす』という言葉は、2016年のアメリカホワイトハウスでのオバマ前大統領が記者会見で行った”自信や魅力をアピールする行為”として認識された有名な行動の1つからインスパイアされた曲なんだとか!

 

ライブでもかなり盛り上がる曲ですし、日本では必ず日本語バージョンを披露しますので是非、MVと共にチェックしてみてください♪

BTS日本語バージョン【Mic Drop】歌詞

BTS (防弾少年団) 'MIC Drop -Japanese ver.-' Official MV

作詞:Pdogg・Supreme Boi・“hitman”bang・J-Hope・Rap Monster
作曲:Pdogg・Supreme Boi・“hitman”bang・J-Hope・Rap Monster

Ya 何?俺が汚れ?
I don’t care マイク持ちゃ即 制すこのGame
モロねー You’re like 生焼けステーキ どうせ
とどめ 食らわすスター eey ここで

World Business 核心
即完売 毎日
他にないclass 価値 満喫
お前じゃ台無し
Mic mic bungee

Mic mic bungee
Bright light 前に
負けかけたけど I’m fine, sorry
ごめんね Billboard
ごめんね worldwide
人気あり過ぎてごめんねママ
それか替わりにお前の孝行
俺のコンサートでやるぜ速攻
I do it I do it You’re まずいラタトゥイユ
腹壊したら
カモン メ~ン
Sue it

Did you see my bag
Did you see my bag
トロフィーでカバンが溢れる
How you think bout that
How you think bout that
Hater達は隠れる

金に光る光るこの成功
I’m so firin’ firin’ いま炎上
お前は焦り焦り逃げてくよう
How you dare
How you dare
How you dare

手にはトロフィー
数えらんない
超heavy過ぎ抱えらんない
MIC Drop
MIC Drop
前、前注意
そのマイク、マイク注意

Lodi dodi 休んでらんない
超busy過ぎ身がもたない
MIC Drop
MIC Drop
RHYME, RHYME 注意
そのマイク、マイク注意

見ろ「身から出たサビ」がでた
Once upon a time
イソップ童話fly
ほらみろnow その様を
俺ならfine 超満足
次はどこへfly
飛行時間はどの位?
Yeah I’m on the mountain
Yeah I’m on the bay
ステージでは全焼
MIC Drop baam

Did you see my bag
Did you see my bag
トロフィーでカバンが溢れる
How you think bout that
How you think bout that
Hater達は隠れる

金に光る光るこの成功
I’m so firin’ firin’ いま炎上
お前は焦り焦り逃げてくよう
How you dare
How you dare
How you dare

手にはトロフィー
数えらんない
超heavy過ぎ抱えらんない
MIC Drop
MIC Drop
前、前注意
そのマイク、マイク注意

Lodi dodi 休んでらんない
超busy過ぎ身がもたない
MIC Drop
MIC Drop
RHYME, RHYME 注意
そのマイク、マイク注意

Haters gon’ hate
Players gon’ play
Live a life. man
Good luck

もう会わないよ これが最後さ
言葉もないよ 聞く事もない
もう会わないよ これが最後さ
言葉もないよ 聞く事もない

だんだん皆 後悔し
知る格差 この俺らに
ただ感嘆 また驚愕し
みんな総立ち みんな総立ち

BTS日本語バージョン【Mic Drop】歌詞 まとめ

 

今回は、今回は2017年12月6日にリリースされた「DNA/Mic Drop」から『Mic Drop Japanese ver.』の歌詞をご紹介しました!

 

この曲は同アルバム収録曲の「DNA」と並んでBTSの世界進出に伴ってかなり人気となった1曲ですよね。

 

人気が徐々に出始めた時の曲である故、これからの世界進出ますます自信もっていくぞ、というBTSの意気込みが感じられるかっこいいナンバーになっていますので、これからもライブで盛り上がる曲間違いなしですね♡

タイトルとURLをコピーしました