BTSジミンがライブ配信!ジミンがユニット曲「친구」の思い出と今後の夢を語る♡

BTS

3月26日、待ちに待ったBTSジミンがファンのためにVliveにて配信を行いました!

 

配信の内容は、ファンの健康を案ずる姿や、ユニット曲についてのビハインドもコメントした贅沢な2本立て。

 

今回はそんなジミンのライブ配信の内容やライブ中に明かしたユニット曲「친구」のビハインドについてご紹介していきます♪

 BTSジミンがライブ配信を行いました♡

 

今回ジミンの行ったVliveの配信は2回。久しぶりの配信で「ファンの方にとてもお会いしたかった」と吐露したジミン。

 

第1回目は約50分、2回目は約20分のライブを行っています。

ジミンのライブ配信①저 왔어요~!(51:20)

今回は2度のVliveにて配信を行ったジミン。1回目は主にアルバム「MAP OF THE SOUL:7」の曲のビハインドを行いました。

 

貴重なテテとのユニット曲についても言及していますよ♪

ジミンのライブ配信②안년하세요 저 왔어요(21:51)

この日2回目のライブ配信は、「とても会いたかったのでもう一度来ました」と再度姿を現したジミン。

 

2回目のライブ配信は、ファンの質問に丁寧に答えていく時間でしたね!
「僕、お腹がとてもすいているんです。これが終わったらラーメン食べます」と答えていました♡

BTSジミンがクオズのキラキラ学生時代の思い出を語る♡

 

ジミンは今回のVliveにてテテとのユニット曲である「친구」のビハインドを紹介しています♡

 

クオズのおすすめ記事はコチラ! 

BTSジミンとVは「95’z(クオズ)」として有名!クオズのキラキラ友情ストーリーを語る!
BTSの仲良しコンビといえば「95’z(クオズ)」♡Vとジミンは同じ95年生まれの同級生でARMYの中でも人気のカップリングですよね! そんな2人がユニット曲「Friends」を発表し話題になっています。今回はVとジミンのキラキラ友情ストーリーを紹介していきます!
BTSジミンとVのユニット曲「친구 – Friends」の歌詞和訳かなルビ
BTSのNEWアルバム「MAP OF THE SOUL'7'」の収録曲「친구-Friends」がジミンとVのユニット曲として話題沸騰しています!2人は「95’z(クオズ)」の相性で親しまれていて、仲がいい友達としても有名

「친구」はアルバムに入れると思っていなかった曲?

 

Vliveにてジミンは「친구」はアルバムに入ると思っていなかった曲だとコメントしました!

 

ー(和訳)
実は、ただとても光栄だったのですが、曲を一人で作って録音していた時があって、3曲作ったんですが、その曲をPDニムに「作ったので確認していただきたい」と頼んでいたんです。
1曲目と2曲目はすぐ作ったのですが3曲目がとても難しくて、どういう風に流していけばいいのか分からないのでPDニムにどう思うか、アドバイスをもらえると嬉しいと聞きたかったんです。そしてRMヒョンが曲を作ってくれて、それが「친구」になったんです。
曲の準備もしていなくて、こうやって歌ができると思っていなかったんですが、PDニムが「いいじゃん」って言ってくださって1時間半ぐらいでできたんです。

 

曲が出来上がっていくことがすごく不思議で感動したというジミン。この曲が1時間半という短い時間でするすると出来上がっていくことにかなりびっくりしたようです。

 

ー(和訳)
PDニムは僕に合った曲を作りたいとおっしゃっていて、メランコリックなイメージで。
そしたら連絡が来て「アルバムに入れたいんだけど、どうか」って。
なのでえ!?本当?突然ですね!?と言ったんです。すごくびっくりしました。この曲は本当にアルバムに入れていいのかなって。

 

そして、このユニット曲を制作するにあたって、メンバー7人の中で誰とユニットを組むかという話し合いも行われたようです。聞いてみると「え!こんな組み合わせも候補があったの!?」となりました。

 

ー(和訳)
もし、ユニットで出すなら誰としたいかという話し合いをしていたんです。ホソギヒョン、ジョングギ、ジニヒョンとかもあったけど、それぞれソロやユニット曲が決まっていって、RMヒョンとテヒョニとか。
あ、RMヒョン、ユンギヒョン、テヒョニとの候補も上がっていたんです。そして僕とテヒョニがユニットを組むという話が出てこの歌の収録をしたんです。
昔から今までの話を沢山して楽しかったし、ありがたかったです。テヒョニが上手に歌ってくれたからいい歌が出来た。1番よくできた曲です。この歌を公演できる日が来たら、とてもいいと思います。

学生時代のクオズの思い出を語る

 

ジミンとテテのユニット曲「친구」のビハインドを語ったジミン。これを機に少しテテとの思い出話もコメントしています。

 

ー(和訳)
この「친구」をイヤホンで聴いてみたら泣きそうになるんです。テヒョニと話すと話に終わりがなくて、多すぎて。とても喧嘩が多かったし、話もいっぱいしていたんです。
学校行ってた時、僕がテヒョニを起こして、「起きろよ」って。時々ジョングクも一緒に起こしていたんですが、テヒョニがだらだらしてて。
ジョングクなんて昔、前髪を斜めに決めてたんです。だから1時間ぐらい時間がかかって一人で投稿したりもしてました。とてももどかしかったんです。バスに乗って。

 

歌を収録しながら昔を思い出したというジミン。収録中にもいろいろあったようです。

 

ー(和訳)
曲の中で「ヘイ、ジミン、オヌル(ッポン)」って口を鳴らすところがあるじゃないですか。そこをアレンジして「テヒョナ、上手くやってるか~!」「ジミナ―!!!」っていうのがとても楽しかったんです。

ジミンの語る「餃子事件」とは?

 

楽曲中にも出てくる「餃子事件」。これについてジミンは少しだけテテが混乱してはいけないからすべては話せないといいながらも、この事件についてコメントしています。

 

ー(和訳)
特別なことはないんですが、餃子で喧嘩したんです。その当時僕たちにとっては重要な事件だったんですが、練習が終わって食べるか、練習中お腹がすいたから食べるかで喧嘩したんです。
僕は「練習の後に食べよう」と言って、テヒョニが「お腹がすいたから今食べよう」と言って真剣に喧嘩したんです。とても真剣に喧嘩しました。当時、テテはすごくお腹がすいていたんだと思います。練習も長いわけじゃなくて3、40分くらいしかなかったから、終わって食べようと言ったんですが、喧嘩になったんです。

 

段々ヒートアップしていった餃子を「どのタイミングで食べるか」問題。周りのお兄さんたちにも呆れられていたのかもしれません(笑)。

 

喧嘩していると他のヒョン達も「そんなに喧嘩するなら外出て喧嘩しろ」と言われて、練習室を出たんです。
でも、外に出てもずっと喧嘩していて、同じことをぐるぐる言い合いました。すると、ヒョン達もずっと喧嘩しててもしょうがないから中に入れって言われて、その後も喧嘩しました。

 

昔は、お互い譲らなかったというジミンとテテ。しかし、時間が経つにつれて、「ありがとう」「ごめん」と言えるようになってきたと言います。

 

成長したんだな…!と思いますよね。

テテは後にも先にも「唯一の友達」!

 

テテは「唯一の友達」と語ったジミン。

 

ー(和訳)
デビューして社会生活を送るためにソウルへ来た、同級生のこういう友達はテヒョニだけだから、唯一の友達なんです。
これからも唯一の友達だと思います。

 

これからも唯一の友達。この言葉にこれまでの2人がどれだけ共に苦しい時期や楽しい時期を過ごしてきたのかという意味も込められているのではないでしょうか?

BTSジミンの夢は「この仕事を長く続けること」!

 

ジミンがこのVlive中に「これからの夢」についてコメントしています。

 

ー(和訳)
夢ですよね。いつも同じなんですが、仕事を長く続けることです。
こんなことがあるじゃないですか、記者の方や番組なので聞かれるのですが「次の目標は何か?」「これからの夢は何なのか?」って。
これは嘘じゃなくて、この仕事を長くすることです。歌を歌い続けたり踊り続けたり。アイドルという仕事を長く長くしていきたいです。

BTSジミンがファンにある約束を誓った!

 

今回のVlive中にジミンは「よく配信で皆さんに会いに来る」と”約束”を誓いました。

3月末は週末の日曜日、そしてもし週末がだめでも月曜日には会いに来ますと配信の最後にコメントしたジミン。

 

BigHitの公式でとった約2か月間の長期休暇中にもたびたび配信でファンの前にあいさつしてくれたジミンからのうれしい”約束”でしたね♡

BTSジミンがライブ配信!クオズのキラキラ学生時代の思い出を語る♡まとめ

 

今回は、3月26日に配信されたBTSジミンのVliveについてご紹介していきました。

直接ジミン本人の口から「餃子事件」について聞けたのはとてもうれしかったですね。

 

ジミン自身も話していると涙が出そうになると述べていたこの配信。デビュー前もデビューしてからも沢山の時間を過ごしてきたジミンとテテは唯一の同級生で、唯一の友達。これは後にも先にも変わらないと言い切りましたね。

 

 

公演でパフォーマンスができる時が来たら楽しみだとし、会えるまで頑張って素敵な姿をお見せできるように頑張るとも言ってくれたジミン。

 

世界中が大変な時間ではありますが、ジミンの言葉を信じてBTSの素敵な姿をまたみられるように、私たちもしっかり自分自身の体調管理をしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました